>

廃車手続きは2種類ある?廃車手続きに必要な書類と手続き

永久抹消登録

永久抹消登録を行う場合は、すでに乗れなくなって解体処分をしてしまった車の場合が一般的ですが、そのほかにも災害で破壊された場合や交通事故で修理不能になってしまった場合も永久抹消登録を行わなければなしません。
つまり永久抹消登録とは「車として機能しなくなってしまった車の車籍を抹消し、車自体を解体処分を行い、車籍と車そのものを抹消する事」と言えます。

ちなみに「永久抹消登録」は普通自動車の場合の名称で、軽自動車で車両が乗れなくなったり、災害時の被害や交通事故で車両が修復不能になった場合の手続きの名称は「解体返納」と呼ばれていて、永久抹消登録とは手続きの手順や手続きを行う場所が違っているので注意が必要です。

一時抹消登録

一時抹消登録を行う主な理由は「自動車税と保険料」と関係があります。
なぜなら長期間にわたり車を使用しない海外出張や盗難にあって手元に車が無い場合でも、登録してある車両である限り自動車税と保険料が発生するので支払わなければなりません。
そんな時に一時抹消登録を行うと、その間だけは税金の発生を抑制出来るのです
また、一時抹消登録の特徴は永久抹消登録をしてしまうと絶対にその車に乗ることは出来なくなってしまいますが、一時抹消登録の場合は指定の登録手続きを行えば公道を走れるようになるのです。

「一時抹消登録」は普通自動車の手続きの名称で、軽自動車の場合は「一時使用中止」と呼ばれて、手続きを行う場所などが違うので注意しましょう。


この記事をシェアする