車の廃車手続きに必要な書類と方法について

廃車手続きに必要な書類と手続き

2種類の抹消登録について

「車を処分するときに何か手続きをしないといけないの?」、「車の廃車って、車をスクラップにする事だけじゃないって本当?」、「交通事故で車をダメにしたんだけど、どんな手続きをすればいいの?」、「車が盗まれてしまったんだけど、何か手続きしないと自動車税を請求されるって本当?」、「車の廃車手続きって、2種類あるの?」、「廃車手続きに必要な書類って、何種類あるの?」、「廃車手続きの流れって、どんな感じなの?」車は身近なものですが、意外に廃車手続きを把握していない方も多いので、廃車手続きが必要になると、このような疑問が出てくると思います。
そこでこのサイトでは、廃車手続きの種類と必要書類、手続きの流れをご紹介いたします。

まず廃車手続きと言う呼び名は正式名称では無く、正式には「抹消登録」と言います。
そして抹消登録は、車を解体処分する際や事故で車を処分するときに行う登録と、長期間所有する車に乗らない時や盗難などの際に行う登録があります。
2種類の抹消登録を詳しくご紹介いたします。

廃車手続きである、抹消登録は2種類あり、手続きが違うという事は必要な書類も違うという事になります。
2種類の抹消登録それぞれに必要な書類についてご紹介いたします。

廃車手続きは、2種類あり、手続きをするのは運輸支局で同じですが、手続きは同じところと違うところがありますので注意しましょう。
必要となる2つの登録の手続きについて詳しくご紹介いたします。

廃車手続きは2種類ある?廃車手続きに必要な書類と手続き

車を処分する時に必要となる手続きは大きく分けて2つが該当します。 車体を破壊、分解する場合は今後一切使用されることがなく永続的に登録が消されることとなります。 破壊するわけでなく、そのタイミングでたまたま車が手元にない時は一時的に情報が消されることになるのです。

2種類の抹消登録に必要な書類

永久抹消登録に必要な書類は8種類で、その内3種類は永久抹消登録の時に記入するので、事前に用意する書類は5種類です。 一時抹消登録に必要な書類は7種類で、永久抹消登録とほぼ同じ書類ですが、盗難の場合などは理由書という書類が必要となります。 それぞれの抹消登録に必要な書類と注意事項をご紹介いたします。

2種類の抹消登録の手続き

永久抹消登録と一時抹消登録の手続きは、運輸支局で行われ基本的には同様の手続きをへて車籍を抹消しますが、永久抹消登録の手続きでは「スクラップ時のナンバープレートと必要書類」、一時抹消登録では「理由書と登録識別情報通知書」など違いがあります。 それぞれの抹消登録手続きをご紹介いたします。

おすすめリンク

高値でバイク買取に出す方法

愛車をバイク買取に出すとき、高価に査定してもらいたい。そんなときのポイントとは一体なんでしょう?